0120-572-123

123@krd.biglobe.ne.jp

受付時間 9:00~21:00 (年中無休)

建物の解体

木造住宅はもちろん、鉄筋コンクリート造・鉄骨造の解体やテナント内装解体に至るまでどこよりも安く、ご満足いただける工事をする自信があります。
責任者による徹底した近隣対策と万一のクレーム処理には迅速に対応いたします。
廃棄物は安心・確実な中間処理施設との処分ルートを確立しています。
対応エリアは、神奈川・東京・埼玉・千葉・静岡ですがその他地域もご相談ください。

フヨウヒンの建物の解体

  •  ―1― 
    明確な見積りで工期短縮
    見積り・追加工事・工程表等、必ず書面にして明確にご提示いたします。見積りを明確にすることで、工期を短縮し迅速に対応!さらに見積もり・相談は無料で対応!
  •  ―2― 
    納得の解体実績
    住宅家屋、ビル、マンションなど、解体実績が豊富なので、安心してお任せください。物置からビルの解体まで、幅広く対応いたします。
  •  ―3― 
    産業廃棄物の処理は万全
    当然「産業廃棄物収集運搬許可」を得ておりますし、不用品回収事業もおこなっておりますので、家屋内の不用品も回収いたします!

解体について

困っていませんか?こんな時にご連絡ください。

       
  • 空き家問題
  • 木造建物の解体
  • 鉄筋コンクリートの解体
  • 鉄骨造の解体
  • アスファルト撤去
  • 樹木伐採
  • 造成・整地

解体業者選びのポイント

解体業者を選ぶには以下のようなポイントをチェックすることをお勧めします。

  • 頭での金額見積りではなく、明確な見積りをだせる会社
  • 追加工事は、事前に詳細説明をする
  • 担当者・職人の言葉使いや対応が適切である
  • 産業廃棄物収集運搬許可を得ている
  • 納得の施工実績がある
  • 対応がスピーディーで親切
  • 近隣住民へのきめ細やかな配慮をしている
  • 産業廃棄物の処理は万全である

解体の流れ

  • STEP1.
    お問い合わせ・ご相談
    ご質問のみでも構いません。まずは、お気軽にお問い合わせください。お見積り・ご相談は無料です。
  • STEP2.
    解体現場の調査
    お見積りの前に必ず対応するスタッフが、現状の状態を確認するために、お伺いさせていただきます。家屋・建物の面積と家屋・建物以外の撤去物を調査することにより明確な解体工事代金を算出することが出来ます。また、現場調査の際に、詳細な内容をお伺いさせていただきますので、気になる点やご相談などがございましたらお気軽にお尋ねください。
  • STEP3.
    お見積り後、ご契約
    解体現場の調査と、お客様のご要望の結果をもとにして、解体のお見積り書をご提出させていただきます。お見積り内容にご納得いただきましたら、正式にご契約となります。ご契約後、お打ち合わせをし、解体工事の日程や工事内容のご説明をさせていただきます。また、契約後は、都道府県知事又は市町村長に届け出ます。
  • STEP4.
    最終チェックとご近所へのご挨拶
    家屋・建物やその他の解体工事の対象建物の最終チェックをおこないます。工事開始の前には必ず、ご近所のお宅に、工事開始のご挨拶をいたします。ご近所への配慮をおこなうことが、スムーズな工事の第一歩です。ごあいさつが完了しましたら、いよいよ解体作業開始です。
  • STEP5.
    工事開始
    契約いただいたプランに沿って工事を開始いたします。解体工事スタッフが、最善の注意を払いながら、安全管理・監督いたします。
  • STEP6.
    工事完了・お引渡しと最終チェック
    解体工事が完了しましたら、整地までおこない、現場担当者が最終確認をおこないます。現場担当の検査後、お客様にも立ち合いいただき、最終チェックをしていただきます。気になる箇所があった場合には、遠慮なくお申し出ください。すべての確認が完了した後、解体作業完了となります。

よくある解体トラブル事例

  • トラブル事例1.
    口頭での見積もり金額と請求金額が違う
    口頭でのやりとりはトラブルのもとです。見積り・追加工事・工程表等、その都度、書類の提示をしてもらうことが必要です。お互いに安心・納得のご契約ができます。
  • トラブル事例2.
    不法投棄のトラブル
    テレビ、新聞等でも報道されている、不法投棄をする業者・・・よく耳にしますね。不法投棄は、実際におこなった業者だけではなく、施工主にも責任が生じます。解体業者が「産業廃棄物収集運搬許可」を得ているか、事前の書類確認をしましょう。
  • トラブル事例3.
    騒音トラブル
    解体が始まると重機の音や、材木・壁が壊れる音で、近隣の方からクレームが入り工事が中断することもあります。事前の近隣挨拶と消音施工を徹底してくれるか確認しましょう。